スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッグ

もともとが鞄屋出身なので、バッグ製作はとても楽しい。
いつの間にやら私は「犬具職人」という肩書きになったのだけど、自分では未だに鞄屋
だと思っていたりする時もある。
バッグの総手縫いはとても時間がかかるので完成するまでに何日も何日もその完成した
姿をイメージし続ける。だから、とてもわくわくするのだ。
最後にひっくり返してやっと完成なのだけど、その瞬間は「はあ~~~」と思う。
その、「はあ~~」という意味は、「やっとでぎだぁ~~」というのと「あ~~この形
この形!!」というのと、なんだか、子供が生まれて初めて顔を見たときのような感じ。
出来上がってひっくり返すまでは、その姿はわからないので、いちいちドキドキする。
型紙どおりにはいかないこともあるし、想像以上の曲線を描いてくれることもある。

今年の1個目。「バッカスバッグ」
IMG_6343.jpg
IMG_6341.jpg
IMG_6342.jpg
鹿と牛と牛の毛皮と豚スエードのコラボ。毛皮の毛足が長くてとても大変でしたが出来上
がりは全てがなじんでいて、異素材とは思えない自然な感じに出来ました。
バックル以外はリングも革で作ったので、随分お待たせしてしまいました。

今年の2個目。「Uポーチ」
IMG_6372.jpg
IMG_6364.jpg
IMG_6368.jpg
沢山作ったUポーチの中で一番でかい。これは随分便利そうな、何でも入るけど邪魔には
ならないそんなサイズ。これも牛革と鹿革ですが、フラップの自然な形を合わせるのにか
なり悩みやはり随分お待たせしてしまいました。玉渕というよくバックの淵についている
淵を縫いこんでいくのですが、これも中に針金とか入れてません。ほとんどのものが針金
やビニールひもを入れて丸みを出していますが、いきなり飛び出したりして危険なので、
これも全て革です。

今年の3個目。「ミニトート」
IMG_6353.jpg
IMG_6351.jpg
こちらも牛と鹿。この鹿はもう入手できない稀少なものでしたがぎりぎり使えました。
エルクで分厚いのにとても軽い。もうタンナーさんが製造中止ということでラストでした。
このトートは、お散歩用なのでラフに仕上げました。入り口はあえて切りっぱなし。でも、
マチはしっかりと自立できるように、そして持ち手は丸縫いでマチと同じ革でしっかり縫
いました。オーナーさんのこだわりで、中のポケットには全て入れるものが決まっていて、
それも全て送って頂き、それぞれがピッタリに収まるようにポケットを5つつけました。
でも、外から見るととてもシンプルなお散歩バッグです。


お嫁に出すような気持ちですが、みなさん「ずっと一緒にいる相棒にする」とまで言って
くださって、可愛がってくれる所に嫁に行けてよかったな!!可愛がってもらえよ。って
そんな感じ。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。