スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルステッチ

今日はお休みでしたが、仕入れの旅に行ってきました。
いい革が入りました!

ここのところ立て続けにシェルステッチ。喉もとのクッションにもなるように
ステッチは鹿の革です。牛を牛でかがるよりもうんと時間がかかります。
でも、のどには優しいです。

IMG_9492.jpg

「キナリにキナリ」はおしゃれです。
両サイドにもミニコンチョをつけて鹿紐を耳のあたりから垂れ下がる
ようにしました。(お耳が大きくって見えないねぇ。)
ハンサムなイングリッシュコッカーの男の子です。

矢野ジェラードくんシェルステッチ


そして「ピンクにキナリ」は、思い出深い、サルーキのピカソ君の再製作。

IMG_0206.jpg

6年前のピカソ。若いね!

このブログの一番初めの日記がピカソ君のダリウスバックルカラーで、
まさにそのものが6年ぶりに戻ってまいりました。もう今回で4作目。

IMG_9481.jpg

毎日毎日6年間使っても、型紙と合わせてみると一センチも伸びてい
ませんでした。やったぜベイベー!でかしたピカソ!

IMG_9480.jpg

ただ、、味が出すぎたのでコンチョなどを移植して、新しくしました。

IMG_9498.jpg

古いほうもしっかりメンテナンスをしたらまだまだ使えます。金具も
全くへこたれていませんでした。よかった。。

雨の日用でもいいなと思って、勝手にメンテをさえていただいたので
すが、こっちもかっこいい!とオーナーさんは喜んでくださいました。
こうやって飼い主さんとも長いお付き合いで、ゆるりと仲良くなれて、
とても幸せな仕事です。

IMG_9503.jpg

「紺色にチョコ」はシックです。実はまたこれは新しい革の試作です。
革の油分の配合を少しだけ変えたので、またまたさあしゃの試作品です。
シェルの間隔を一ミリ狭くしようとチャレンジしましたが、異常に時間が
かかるし、針も折れまくりで、ペンチも壊れた。
私は「かがり」を鹿革を切って使うので、何度も何度も穴を通してペンチ
で引き抜くと、最後のほうは鹿革がぼろぼろになってしまう。
またもや大失敗。。。。。(涙)

でも、この仕事をしている限りは、まだまだ試作は日々、永遠に続きます。
思いつくと夜中であろうが、やらないと気がすまない性格です。
今日は歩きすぎて体ががちがちなので、もうゆるりとお風呂に使って筋肉
のメンテナンスをします。

明日のお仕事を楽しみに!おやすみなさい!!
スポンサーサイト

年末のアトリエ

なんとなく、あわただしい空気が漂う年末のアトリエ。

それぞれのスタイルでのお散歩に出来る限り対応したくて、私は日々頭を
ひねる。

IMG_9424.jpg

ごぼうちゃんのリードは、携帯のポーチにくっついて帰っていきました。
小さなキーホルダーも。これからもいつもお母さんと一緒だよ。

IMG_8739.jpg

チョークリード

IMG_9066.jpg

ショルダーリードとフリータイプリード

IMG_9072.jpg

馬のフリンジマフラー 新品はぴかぴか!!

IMG_9443.jpg

手帳カバーは年末の定番。思いっきり牛の刻印部分を使いました。

IMG_9442.jpg

IMG_9439.jpg

とにかく一日中、こつこつこつこつ、もくもくもくもく、手を動かし続けています。

なんて幸せなことでしょう~。




相変わらず、革の仕入れは本当に大変で10回問屋に行っても、私が納得
できる革は一枚も入手できない、というような過酷な状態が続いています
が、それでもとにかく、まめに足を運んで、自分の目で一枚ずつ物色。
問屋さんにはかなり嫌がられている私です(笑)
社長さんは私が行くと2階に隠れてしまったりします。

そして、入手するたびに増えていくさあしゃのリード。。。

IMG_8564.jpg

相変わらず、まずはどうしても自分の手で使わないと気がすまない。

IMG_9510.jpg

大型スタッフ犬「空我と来地」にも、またモニターをお願いしないとな。

彼らもずっと変わらず、最高の仕事をしてくれております。

IMG_9163.jpg

力があってしかもお利口さんな彼らにはいつも「頼むから引きちぎってくれ」
と言ってリードをゆだねる。

何度も何度もエクスパックで行き来をしているリードたちですが、、、。

IMG_9162.jpg

・・と言って戻ってきます。これには爆笑!!

それでもまた、しつこくメンテナンスをして送ります。

IMG_9165.jpg

ナスカンも常にモニターをしていただいています。

IMG_9088.jpg

さあしゃだとあんまりモニターにはなんないのよね。。。

IMG_9075.jpg

でも、実際に私が手で持った感触や、柔らかくなるまでの時間や、伸び方
などは、実感出来るので、私の犬さあしゃと、スタッフの犬マジュと、
やはりスタッフの犬、バセンジーの椿も立派なモニター犬です!

「リードよりも食べるものがいいのにねえ~~」
  By 空我 来地 沙紗 真珠 椿

そうだね。今度はギャラにお菓子でも作るかね。
まあ、それまでがんばって沢山お散歩をしてくれたまえ。

ビーズ

ビーズと触れ合うことが多い今日この頃。

きらきらビーズはなんだか私を幸せな気分にしてくれます。

IMG_8791.jpg

IMG_8853.jpg

IMG_9284.jpg

めがねストラップ

IMG_9018.jpg

IMG_9078.jpg

IMG_9266.jpg

ビーズワークシルバーブレス

チャコ

コンチョタイプのネームカラーと、こんな幸せおそろい写真も届きました。
なんだか、幸せが伝わってくる。

どうもありがとう。

鹿の玉

DC×NOSEのレザーカラー&リードのオーダー受付が終了いたしました。
本当にたくさんのご注文を頂き、ありがとうございました。
クリスマスに向けてアトリエは大混雑です。
がんばります!

さて、先日の「謎の物体」

IMG_9113_20121111130025.jpg

実は鹿の角で作ったボタンと鹿の軟骨です。

鹿のバッグのご注文を頂き、総手縫いで仕上げたのですが、
ショルダーは平革で、できれば調節をしたい。とのこと・・・

鹿の革は伸びますので、バックルをつけたり、ミシンで芯をいれたりという
つくりには出来るだけしたくなかったので、インディアンの作り方、鹿の軟骨を
中に入れて、鹿紐でしばる。という方法に決定したのです。

以前友人に分けていただいた鹿の軟骨はまだ血が滴っているような生の物だった
為、何ヶ月もかけてしっかりと乾燥をさせて保存してあったので、やっと使う時
が来た!とは思ったのですが、オーダーしてくださった方のお家には、わんこが
います。万が一何とかして取り出して口にでも入れてしまったら大変なことに
なってしまいます。

IMG_9115.jpg

本当は本物の軟骨を使いたかったのですが、仕方なく革でしっかりとしたお団子
を作ることにしたのでした。硬くするのに一苦労。

IMG_9136.jpg

そして、ショルダーの部分にこの「「鹿の玉」を入れてしばるという作り方を
することにしました。

IMG_9139.jpg

これで、革が伸びてきてしまったり、長さを変えたいときには自由自在です。
片方のショルダーはしっかりと縫い付けました。

IMG_9143.jpg

男性の方ですが、とても気に入っていただけてよかったです。
ありがとうございました。
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。