スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ、ひとつが勉強です。

オーダーでいろいろなものを作らせていただいているのですが、カバンなどは
特に、全てがワンオフ、つまりはデザインから考えて型紙を起して、ダミーを
作り、またそれをばらして修正し、、という事で、
毎回が「初めて」の事になるわけです。
たまに頭をかきむしるようなことが起こると、いまだに師匠に教えを請うこと
もありますが、答えは必ず「わかんないよ」
初めのころは意地悪!って思ってたけど、、、。
そうなのです。
私たち革のオーダー職人はすべての物が「初めて」なので、とにかくやってみない
とわからない。全てが手を動かしながら、わかっていく作業です。
使う革によっても、また、同じ革でも使う部分によっても、型紙まで変わる。




今回は大きながま口のバッグで久々に頭をかきむしりました。
なんていったって、まずは大きな口金というものはかっこいいものは
あまり売っていません。それを探すところからのスタートでした。

実は、がま口は私の分野ではなく「がま口職人」という仕事があるくらいですので、
何度もお断りしたのですが、そのたびに、
「おのさんの作ったがま口が欲しいの!」・・・この言葉に弱い。

がんばろうと思うまでに三ヶ月、口金を探すのに一ヶ月、ダミーを何個も作り直して
やっと本番の型紙を起すまでにまた一ヶ月。
そこでダミーを見ていただくと、「イメージどおり。でも、裏地はつけないで欲しい」
え。この作りで裏をつけないで作るのは、実はものすごく大変なのですが、、、。
時、すれに遅し。ここでゼロに戻るわけにはもういきません。
このまま、がんばりましょう。わたし。

IMG_0311.jpg

IMG_0345.jpg

IMG_0358.jpg

手縫いですので、底から縫っていくのですが、5センチ縫ってはひっくり返して
穴をあけ、また縫ってはひっくり返して穴をあけ、、の繰り返し。
おそらく50回くらいはひっくり返されているこのバッグ。よく耐えてくれました。

セクシーなヒップのようなコロンとしたカーブが思ったとおりに出ました。
思わずナデナデ。

IMG_0525.jpg

そして口金をはめるのは、リカチと二人で大格闘。
布と違って革は厚くて硬くて反発するので、どこかがはまるとどこかがはずれる。
そして、位置が一ミリ狂っても口金は閉まらなくなる。
しかも接着剤が乾く前にナントカはめ込まないと全てが台無しになるので、二人で
息を止めての真剣勝負。

IMG_0541_20130221234314.jpg

はまった・・・

IMG_0521.jpg

閉じた!!

最後の仕上げは「おのさんっぽく」とのご希望で、ビーズと鹿紐で「いつもの感じ」
に。これはもちろん得意分野。SASHAっぽくならお任せあれ!

IMG_0542.jpg

これで、がま口だけど、すこし「SASHAっぽく」なったかな?

とてもお待たせしてしまったのに、もうテンションマックスで喜んでいただけて
本当に本当に作ってよかった。
楽しかったし、とても勉強になりました。

和菓子の職人がショートケーキを作りましたという感じかな。
はたまた、ロケンローラーが演歌歌ったって感じかな?
こっちのほうがかっこいいな、いや、そんなことはどうでもいいか。

出来上がってからお聞きしたのですが、なんでも、ずっとその方の中にはイメージ
があって、散々探し続けていて、銀座のがま口職人さんの所にもにも行ったけれど、
「一品ものは、20万でもマチがついたものは無理」と言われていたそうな。。。
それも始めに言って・・・(笑)(うちはもちろんそんなに頂きませんけど。)

頭をかきむしったりもしたけれど、とにかく楽しかった!

どうぞ、可愛がってやってくださいね。

IMG_0554.jpg

おそろいの髪留めもいくつか作らせていただきました。
スポンサーサイト

今日も徒然なるままに。

大きな首輪はあまり売っていないので、昔からうちは大きい子の注文が多い。
バックルは42ミリ巾までそろえてあります。

今日は30ミリの巾でとってもシンプルなものを作りました。

IMG_0401.jpg

お母さんがピットブル。お父さんがロットワイラー。
息子さん、最高!!



この時期はメンテナンスに「実家」に帰ってくる子も多い。
(乾燥するので出来れば早めにお手入れを!)

メンテナンスはまずひとつづつ糸をはずして、、

IMG_0298.jpg

ほら!必ずなかに入ってる!そして、必ず匂いをくんくんと嗅いでしまう私。

IMG_0300.jpg

まずは布で。

IMG_0303.jpg

次はラバーで。

IMG_0304.jpg

次はクリーナーで。

IMG_0305.jpg

丁寧に掃除をして、ここで一日おきます。

IMG_0309.jpg

そして、染色。ここでもう一日おきます。

それから磨きという作業をしてから、金具を取り替えて縫い上げます。

次のメンテナンスの子たちも沢山作業台の上で待機。

IMG_0403.jpg

明日仕上げる染色終了の子たちも乾燥中。

IMG_0411.jpg



SASHAの仕事はすべてオーダーなので、一つ一つに本気で向き合う。
だから、時として、体も頭も心もパンクしそうになる。

そんな時にはひたすらビーズを紐に通したりして、心を休めてみる。

IMG_0413.jpg

そして、一日の終わりには真っ白な紙を前にして、HBの鉛筆で、
ただただ、ひたすらアイディアの絵を描く。それを作るかどうかは別として。
でも、描く。描けないときでも、鉛筆を持つだけで落ち着く自分がいる。

とてもいいバランス。



そんなわけで今日もお問い合わせがありましたが、
「お客様にお会いする採寸のお仕事」と「製作のお仕事」の両立は私には
まだ、難しすぎるのです。
申し訳ありませんが、まだまだ、ギャラリーの再開と採寸のお仕事はお休みします。

迷子札専用首輪

もうかれこれ10年以上前に、ネームカラーという商品を作り始めました。




首輪に名前や電話番号を刻印することは以前からサービスでしていましたが、
SASHAの首輪はご存知のようにしっかりした革ですので、お散歩から
帰ったらはずしてあげて欲しい。
でも、何かあった時のためには迷子札は24時間つけていて欲しい。

いわゆる「ぶら下げるタイプ」の迷子札は引っかかってなくなってしまったり、
金属の部分が首を傷つけてしまったり、また、ドッグラン、ドッグカフェなどで
お友達と一緒に遊ぶことが多くなって、他の子の指にからんでしまったり。
色々なお話を聞くにあたって、

「それならば、24時間つけていても負担にならないような軽い首輪タイプで、
 あえてリードは付けられないようなものを作ろう!!」と考えました。

いつの間にやらSASHAでは4つのタイプのネームカラーができました。
猫ちゃん用にも沢山ご注文をいただいております。
ワンちゃんの場合には、お散歩のときにリードをつける首輪の上にこのネームカラーを
つけると、首輪の「抜け防止」にもなります。

そして、今日は姉妹ブランドの「NOSEBLEED」のほうでも、
支援グッズとしてその中の「ブレスカラータイプネームカラー」を販売することに
なりましたが
同時にSASHAのほうではSSサイズもお作りすることにしました。

これは、あまりにも細いので少し強度的には弱いのですが、何故これを増やしたかと
いうと、

健吾と杏樹が17歳になった頃に、東日本大震災が起こり、目も耳もその役目を
果たさなくなった彼らに、何かあったら大変!!と思い、老犬の彼らのために
本当に細くて薄い革で作ったのが始まりでした。
立つことも出来なくなった彼等には、もう9ミリのSサイズでも重く感じるだろうと
思って作ったことを覚えています。

IMG_4407_20130208203944.jpg

天国へ見送る時にもつけて行かせたので、今はもうここにはありませんが、
この写真だけは残っています。一番下の物は沙紗用の9ミリ巾(S)です。

お求めしやすいように、SASHAのほうでは価格も少し値下げしています。




日本は今、あちこちでまた地震が起きています。
また、自分の犬は呼びがきくから大丈夫と思っていても、何が起こるかわかりません。
つい最近も私の犬と、友人の犬が3頭、立て続けに「ノーリード」の犬に襲われそうに
なって、パニックを起しました。そんな時、犬は普段とは全く違う行動をとることも
あるのです。
訓練の入った警察犬でさえ、雷の音でパニックを起して逃げたという話もあります。

ぜひ、迷子専用首輪を24時間つけていてあげてほしいのです。
タイプや色や巾などは、ご自分のワンちゃんや、猫ちゃんに合ったものを
どうぞお選びください。
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。