Atelier Sasha

オーダーメイド犬具
〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

革工房アトリエSASHA

スポンサーサイト

破壊と創造

リードを作るときがいちばん魂をこめ、真剣になる。正真正銘の命綱だからだ。昔から私が使っているリードの革は実は今、日本ではかなり入手が困難でずっと苦労し続けている。そして、さまざまな理由が重なって、びっくりするほど値があがっている。稀少なので足元を見られているのか。一枚ずつが駆け引きだ。情報が入ればその都度、あちこちに一枚ずつ見に行くが、それでも10枚のうち1枚も持ち帰らないで手ぶらで帰ってくること...

TAPのCHIP

丈夫でかっこいい革の自然な端っこの部分、絶対に牛の背中のほう。たまに出会えます。そのまんまの、ナチュラルでちょっとヒッピーな部分で作るカラーを私は「チップカラー」って呼んでいます。きれっぱしという意味です。かなりたまにしかとれないので(丈夫な部分は)今はHPには出ていませんが、予約しておいていただければ、時間がかかるかもしれませんが、その子にピッタリのチップを探しておきます。今回はシンデレラボーイ...

大切な道具

数多く道具はあれど、手に勝る道具はなし。リカチと向かい合って、黙々と静かに手を動かし続けるアトリエの光景です。最近の作品を少し、ご紹介いたします。・ファイルケース・がま口付きの長財布・二つ折りのコインケース付き財布・真っ赤なブライドルレザーのメリケンベルトとブレスレット・バッファローの総手縫いステッチのベルト・ネックレスタイプのキーカバー・細長いアクアグリーンのペンケース 横からみたらこんな。可愛...

大きなフリンジバッグ

昨日の夕方、アトリエを旅立って行った「大きなフリンジトートバッグ」エルク(大鹿)を、まるまる一匹使いました。とてもいい色のこげ茶色に出会えたので、楽しかったです。鹿は同じ一頭でも、部分によってかなり厚みが違うし、伸びも違うので「型紙のとり都合」」が一番気を使います。自立させたい、そして、軽く。というご注文でしたので、使用する「芯材」も3種類。部品によって変えました。そして、使ってくださるのが「ハー...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。