スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の製作

今日は快晴!!
日曜日なので、雨上がりに思いっきりお日様を浴びて公園で遊んでいる子達
にも、最高のお天気です。
私も朝のハーブのお手入れはとっても気持ちがよかったです。



さてさて。
こんな、熊の爪をストッパーにして欲しいというカードケースのオーダー。

IMG_3656.jpg

私にも一本どうぞと。。毛。。毛が付いてる~~。とがってる~~。

IMG_3655.jpg

私はペンダントトップにとも思いましたが、ちょっと怖いので(笑)
友人にいただいた素敵なビーズと一緒に護身用にバッグにつけましたーー。
夜道を歩くときはこれを握って歩きます!

IMG_3667.jpg

こんな「部品の持込み」も、ご相談くださいませ。



朝、アトリエのドアをいつものようにそ~~~っと開けると、

IMG_3683.jpg

いい感じの色が出ていましたーー。よかった。
これは今日作るベルトホルダーです。
今日は首輪やリードやバッグやベルトや。「ひたすら縫う日」になりそうです。



エルクのビーズワークブレスも革の色やデザインやビーズの配色で、本当に
表情が変わるのでとても楽しい。

14.jpg

素敵なお写真もいただいて。皆さん本当に写真が上手です。
私は一度腰をすえて取り組まないとな。写真のセンスが「皆無」です。

IMG_3611.jpg

写真 (2)

装着したお写真も!コーディネートも皆さん本当に上手です。



ゆる市に向けても作りたいものが頭の中で渦を巻いておりますが、どこまで
出来るのかな、わたし。あとちょうど2週間。
やることがありすぎて、ただ、家の中をうろうろしてしまうときもあり、
明日からの調整期間で、落ち着いてみるつもり。
場所やお時間などは改めてお知らせいたします。


スポンサーサイト

赤いシリーズ&不定休のお知らせ

うちのお客さまは本当に裏で繋がっているとしか思えません。
赤が続くと赤が続く。ビックリするほど。
今オーダーが入っている首輪やリードも赤が多いです。
なんでだろーなー。
絶対にみんなで打ち合わせしてるな~~。
というのは全くありえないので、偶然なのではありますが、助かります。
手が染まるので、重なると神経を使わずにすむのであります。
特に、キナリを作る時は「リカチ、今、手、何色?」と聞いて、作業台の上にも
細心の注意をはらったりするのです。

IMG_3620.jpg

赤いトート。

IMG_3632.jpg

横のポケットにはスマホを入れるポケット&ミニコンチョ。

可愛く出来ました。
そして送られてきたこの写真!感激~~。コーディネートを写真で見せてくれました。

写真

うれしーなー。こーゆーの。
ワンコ物は、いつも着用したお写真をほとんどの方が見せてくれて、全部保存して
ありますが、バッグは初めてです。しかもなんだか私の好みの感じです。
職人冥利に尽きます。ありがとうございました。



IMG_3653.jpg

そして、使い込んだ馬革のチャップスポケットもベルト通しの追加とメンテナンスで
ものすごくかっこよくなって里帰り。
うわ~~。使い込んだ感じが素敵です。
両サイドにベルトホルダー。これもかっこよくなっていましたー。

やはり革は使い込んでナンボノモンですな。
メンテナンスをしていると犬具たちもそうですが、自分が作ったものが使い込んだ状態で
戻ってくるので本当にありがたい。勉強にもなります。
今はメンテナンスの物が沢山あり、中にはありえない状態の物もありますが(笑)そういう
物こそ燃えるのがワタクシ。
絶対にビックリさせてやる~~!!と気愛をこめて何日もかけてメンテします。

IMG_3590.jpg

そして、これは今、製作中で完成間近のでかいトートバッグの持ち手。
これは表はキナリですが、中の裏革と、縫い糸が、赤。男性です!
もうすぐです。お楽しみに!!

赤いものを触ってると元気も出ますね。

HPのTOPのインフォメーションにも書きましたが、家族の命日が続くことと、イベントの
準備もあり、10月28日~11月10日までを、打ち合わせ業務、お休みいたします。
色々な調整期間&充電期間です。
そして、11月11日(わんわんわんわん)からは、SASHAは「不定休」とさせていただくこと
にいたしました。
一応お休みを家族の月命日に決めてはおりましたが、結局休んだのはお墓参り位でして、
休みの日に電話に出てしまって叱られたことも(笑)
「ほら!!電話に出た!!ちゃんと休まないと!」だって。
「何で電話してきたの~?」って聞いたら、
「どうせ出るだろうと思って説教するため!」
ほんとうにお客様に恵まれているのであります。

あまり日にちの感覚とかがないので、リカチが帰ったあとで「あ、今日って休みの日だった」
という事も、多々あり。

また、一番の理由は仕事中のほうが電話には出られないという現実です。
作業の手をすぐに止められる仕事ではないので、これは本当に叱られちゃうこともあり。
「いつやってるんだ!!お宅は!!」と留守電の向こう側で怒っていらっしゃる・・・
それでも、すぐには出られない。とほほ・・・スミマセン・・・

そんな仕事なので、もう、いっそ「不定休」にします。
休みの日に仕事をしてて何だか悪いことしてるような気になってしまう自分もいるし、
なんだか、ちょっとクソまじめなもんで、決めることをやめました。
肩が懲りすぎたら、休みます。デザインするために公園にも行ったりします。

基本的にメールやFAXでの連絡がうれしいです。
そして、詳しい打ち合わせが必要な場合にはこちらからお電話をするというのが、本当は
一番楽でございます。
電話も10時から8時まではOKですが、出なかったら「作業中」と思ってください。
もちろん散歩も行くし、トイレにも行きますので、留守電に残しておいてくださいませ。


これからもよろしくお願いしまーす!
かしこ。

本当にあった怖い話(笑)

青緑のペンケースを作らせていただきました。

IMG_3475.jpg

以前作った「舟形」から「台形」にするだけでも、大きさが少しだけ
変わっても、その都度、何度もダミーを作ります。

IMG_3463.jpg

そして、緑を青緑にするのにも何日もかかって色を出していきます。
染めたては色がわかりませんので、その都度、朝はドキドキしながら
アトリエのドアをそーーっと開けて、一喜一憂。
そして、さて、本番。となりますが、革の部分によっては同じ色が出なかったり
もして、又やり直し。そしてまた、朝はドキドキ。。
でも、一番怖いのは本物の革で作ったものがひっくり返るかどうか。
これが実は一番大変です。かなりの力が要る作業なのです。
そして、ダミーではわからないので、本番勝負、カンが全てです。

一度だけ職人仲間の男の子二人に応援を頼んで、三人がかりで作業台の上に
乗ったり一人が中に入ったり大騒ぎになり、それでも何時間やっても結局は
ひっくり返らなかった大きなバッグがあったのを、いつも思い出します。
ハーレーにつける大きなバッグを6ミリ厚の分厚い革で作った時のことでした。
最終的には一週間がかりで縫った大きなバッグをばらすことになったのですが。

だからドキドキの作業です。
こんなに小さなものでも手縫いでがっつり縫った革を返すのは相当時間がかかり、
「む、、無理かも。。」と思いながら「えいっ!!やっ!!」と言いながら、
親指が折れそうになりながらひっくり返すのです。
これは、無事にひっくり返ってくれてきちんと形も整って、無事に飼い主さんの
元へお送りし、とても気にいっていただけましたーーー。よかった!
色も思ったとおりだったと言って下さって、この時点でやっと私の任務は完了。
メールをいただいて初めて喜びがこみ上げてきます。泣きそうにうれしい。
大変だったものほど、気に入っていただけると、本当にうれしい。

何せ、力の要る仕事であります。
リードも大型犬の物が多いので、こんな。

IMG_2841.jpg

IMG_2846.jpg

厚みが1,5センチあります。
一穴ずつ針を両側から通してペンチで引き抜き両手で思い切り閉めていきます。
ごつい仕事でございます。

IMG_3637.jpg

今日旅立っていったリードはXL(18ミリ)の持ち手の部分に極圧のエルク(大鹿)
を巻いてやはり手縫で閉めて縫いました。いいクッションになりそうです。
これはモニターを兼ねて、途中で何度か見せていただくことになりました。
自転車に繋ぐので、革が擦れる事を考慮してこの作りにしてみました。



ここからが本題。
私の周りは職人さんだらけですが、今までで一番怖かった本当にあった話です。

鉄の職人さんが山の中のアトリエで、何日も徹夜作業で納期ぎりぎりで、でっかい
鉄の什器(とても頑丈でしかも手のこんだワイルドな大きなテーブル)を造りました。
納期、ぎりぎりですよ。次の日オープンするショップの什器です。ぎりぎりですよ。

さて。

アトリエから出ません。。。大きすぎて。。。
「一人だから泣いちゃおうかなと思った」(本人談)
結局はアトリエの入り口をぶっ壊して什器を出す羽目になりました。
もう、悪いけど笑うしかなかった。
本人は泣きながら笑っていました。出来た喜びも大きかったのでしょうか。
はたまた、変なテンションになっちゃったのでしょうか。でも、気持ちはよくわかる。

いつもこの話を思い出しては「私の仕事なんて楽なもんだ!」と自分を励ましています。

こういう変な話は結構あって、異素材の職人たちではありますが、結構話が尽きない。
「こんなに大変だった自慢話大会」も
オーダーで一つ一つ違うものを作る職人ならではの醍醐味でもあります。

そんな力仕事だからこそ、庭のハーブの土いじりは最高に力の抜ける癒しなのであります。
毎朝、起きるのが本当に楽しみです。

かしこ。

国立ゆる市 三回目の参加です。

です。参加します!
今年はぶっ飛ばしまくっていたので、一瞬「無理ーー」と思ったのですが、
気持ちは1000%やる気まんまん。
作品はかなり少ないかもしれませんが、11月10日に参加することが決定
いたしましたので、まずは日にちだけのご報告です。
もう寒いかもしれないですね。
今はオーダーが混み合っているので、小さな革の雑貨とハーブの雑貨のみになる
かもしれませんが、私は「国立ゆる市」が大好きなので、とにかく私はいます。
お客様とお会いできるのもゆる市のみですので、楽しみにしています。
是非、いらしてください。きっと、今回は本当にゆるーいです。

詳しい場所や作品などは、順次また報告をさせていただきます。



最近のお客さまオーダー

IMG_3293.jpg

  4部屋のカードケース

IMG_3394_20131001214559398.jpg

  チャロアイトのシルバードロップタグ(スペシャルバージョン)
相変わらず写真が下手ですが、この石はとても気に入ったので、自分の物も何か
作りたいと思っています。最高の「癒しの石」です。

今は真っ赤なトートバッグを製作中です。
手もまっかっかです。昨日までは青緑でした(笑)
日替わりで手の色が変わってます。
ビニール手袋を2重にしてもどうしても手も染まる。
お医者さんの手術用の手袋なのに。。。
この手でお買い物に行っておつりをもらう時に店員さんに手を引っ込められた事が
あるので、気をつけなくちゃ。。特に赤い時。

テルテル坊主のようなものを作ってそれを握り締めて一気に染めるので、どうしても
ビニールが破れてしまうみたいです。
でも、いい感じ~~でバッグは進んでおります。

染色だけでもムラがないように染めるのは何日もかかります。
朝、アトリエのドアを開けるのがいつも楽しみ。



関係ないけど私の事務机の上のこのコーナーの感じが、大好きです。
このペンをいただいてから、いいままでよりももっと手紙を書くようになりました。
大好きなチェックの木綿と革のしおりと真鍮の文鎮と似合ってるな~~。って。

IMG_3433.jpg

家中のあらゆる所に「好きなコーナー」があって、ぼーーーっと見ていたりします。
そんな時に、アイディアが突然降りてくるのです。
今日の「好きなコーナー」でした。
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。