スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やりがい」

まだまだ不完全な体調で、一時はバラバラになってしまうのかと思った
私の骨格。あっという間に2ヶ月がたってしまい、筋力もぐっと低下。
たまたまお客さまのオーダーの手首輪を作るのに自分の手首を測ったら
なんと、13センチになっていました。こんな所まであっという間に
筋肉が落ちるんですね。ぞっとしました。

それでも、そろそろとアトリエ仕事を再開しましたが、いまだに昨年の
仕事をしています。
本当にお待たせしているお客さま、申し訳ありません。

今回は焦る気持ちの中で、「もうだめなのかな。」と思うくらいで、
情けなくて涙がでました。まだまだいけると思っていたのに、こんな所
で、こんなにも故障してしまって、もう2度と立てないのかもと思った時
すらありました。いまだにバイトの子が敷きっぱなしの布団の上げ下ろし
もしてくれます。
でも、一生懸命リハビリや体操をして、2日に一回治療に通って着実に
回復に向かっております。(本当に無理はしておりません。)

そして、お客さまのオーダーの作品を作るときは、じっくりと、今まで
以上に気持ちを込めて「絶対にこの仕事をまだまだ続けたい!!」と念
じるようにして革に向かっています。

昨日、頂いたメール。

「カラー&タグ&キーケース到着しました!
 イメージ通りです!本当にありがとうございました!
 凄い丁寧な仕事に、やっぱり頼んで良かった!と、感動中です。」

lether.jpg

実物の物よりもものすごく素敵に写っている写真を送ってくださいました。
ハーレー乗りのカメラマンのS氏は、レスキューされたり保護された子の
写真を撮って、その犬の素晴らしさ、可愛さを、写真によって引き出して、
一匹でも多く、新しい家族を探す活動をされようとしています。もう少し
活動が形になってきましたら、是非紹介させて頂きたいと思っています。
やはりファーストインプレッションは大事です。ルックス云々というよりも
写真を通してその子が訴えてくるメッセージが必ず誰かに伝わる。
それを、ファインダー越しに引き出す。とても素敵なことだと思いました。

_OBA0374.jpg

縁と書いて「ちなみ」と読みます。

「到着前まで付けていた首輪は、
 いつも掻きむしったり噛もうとしたりしていたのですが、
 作ってもらった首輪はそういう行動を全くとりません。
 きっと装着感がいいんですね。」


_OBA0452.jpg

「雪の中にすっぽり頭を突っ込んで遊んでいたため、
 早速びしょびしょにしてしまいました。すみません…。」


SASHAの首輪は「使ってナンボ」です。ガラスケースに入れて飾って
置くものではなく「使うための道具」を作っているのです。だからちなみ
ちゃんと一緒にガンガン遊んで、一緒に育ててやってくださいませ。



そして先ほど届いたメール。

「おのさーん!!!
 ありがとうございます!
 いま、たったいま、受け取りました!
 すごく素敵!すごーくすごーく!
 おのさんの優しさ、たっぷりつまった、作品です!
 大事に使わせてもらいます。
 ほんと、じーんとしちゃいました。
 首輪を、ぎゅっと抱きしめちゃった。
 あー、自慢したい。
 あー、嬉しい。
 この子たちだけの、素敵な首輪。
 私も、おそろい!
 体調も、サーシャちゃんも大変なときに、こんな、魂のこもったもの
 作って頂いて、本当にありがとうございます!」


IMG_4934.jpg

ほぼお任せして頂き、勝手にアービーを黒と紺で仕上げました。

IMG_4928.jpg

昨年からずっと待っていただいていたのに、こんな素敵なメッセージ。



そして、ネームからーをお届けしたお客さまからはこんなメールもいただきました。

「アトリエサーシャ おの様
 ご連絡が遅くなりましたが、無事に届きました!
 かわいいです!
 ビーズがこんなに可愛らしいと思っていませんでした。
 期待以上です。
 皮も柔らかいですね。
 「♂」も^^出来れば入れたかった〜って思ってたので嬉しいです。
 どうもありがとうございます。」



私はこの仕事が大好きです。
SASHAのお客様たちが大好きです。

朝は6時頃に起きてからすぐにPCに向かい、全ての仕事が終ると大体
深夜12時になります。
全ての仕事を終え、お風呂に浸かって今日のひとり反省会をして、最後
にPCを開けると、目に飛び込んでくるお客さまたちのメールや写真が
本当に支えです。
お風呂で温まった心の奥に伝わってきます。

「一生懸命考えてよかった。一生懸命作ってよかった。」

ありがとうといっていただけることは、最高の幸せです。
職人冥利に尽きます。
そして、何よりも犬たちの笑顔が、私の疲れを癒してくれます。

こちらこそ、本当にありがとうございます。


かしこ  おのめぐみ
スポンサーサイト

大切なお知らせです。

大事なお知らせですので、製作日誌のほうへ書かせて頂きます。

1-消費税アップによる価格の見直し

皆さまご存知のとおり、4月1日より消費税率の引き上げにより、
5%の消費税が8%に引き上げられます。
私たちも、販売業ですので、今年度より国に売り上げの消費税を払う
立場でありますので、大きくかかわってきます。
そして、原材料が今までに何度も上がってきていたことを、何とか
我慢をしてきましたが、今回ばかりは金具、革などの全ての材料が
一気に引き上げられ、価格の変更も行わざるをえなくなりました。

2-ヤマト運輸との契約変更

そして、追い討ちをかけるようにヤマト運輸からの一方的な契約内容の変
更のお知らせがありました。
もう20年も契約をしているのにそれはないだろうと思い交渉を続けてき
ましたが、ヤマトさんもうんとうんと大変なようです。
今はネットでのお買い物をする方がとても増えたので、大きい会社との無
理な契約などで、価格は値切られ、荷物が増えるという悪循環の中で経営
がかなり深刻なようです。

幸い、ワタクシのところはそれほど大きな変更ではありませんでしたが、
やはり、「地域区分」と「大きさ区分」が変更になってしまいました。
これは本日、HPのオーダーの仕方のところにアップさせて頂きました。
今まではSASHAでは「本州」というひとくくりだったのが細分化されたこと
また、いわゆるコンビニで測るように「縦横高さによる荷物の区分」になっ
てしまいました。今までは本州は一律525円だったのですが、、、、。
残念ですが、お客さまのご負担が少し増えてしまいます。
ただ、SASHAからのお荷物はあまり大きいものはないので、これはあまり
影響しないかと思います。
発送の際に、出来る限り小さく梱包をするように工夫いたします。

そして、なんと、、、先週、突然ドライバーさんからお聞きしたばかりな
のにそれが、3月1日からなのです。
さらに送料は4月1日からアップです。




ホームページを変更する作業にも追われています。
あーーーー。消費税が上がってうれしいのは一体だれなんだろう。
これは、私の仲間たちみんなの悲鳴です。
やることばかり増えてしまい、もう東京を離れた友人たちも何人もいます。

私はまだまだリハビリ中でパソコンの前に座っていられるのも限られた時間
しか腰が持たないので、4月1日に間に合うかどうかわかりません。
SASHA NOSEBLEED の価格の変更はゆっくりと行うつもりです。
とてもじゃないけど、あと一ヶ月で出来るとは思えない。

それよりも、お待たせしているお客さまのオーダーのほうに時間を費やしたい
と思います。

SASHA NOSEBLEED ともに「消費税アップの伴う価格の変更」となりますので、
この際、革の価格なども考えて、じっくりと見直しをしたいと思います。
革や金具は仕入れの量によっても毎回価格が変わったりしますので、とてもむ
ずかしいし、無理な価格設定をすれば、また体を壊しかねませんので、自分の
納得のいく範囲で、少しずつ変更をしていくことにしました。
何はともあれ「材料」と「技術」だけにはもっともっとこだわっていくつもり
でございます。クオリティーを下げることだけは絶対にいたしません。

また、ほぼ私ひとりで、打ち合わせ~お渡しまでの作業を行っておりますので、
事務作業の円滑化の為にご協力いただくことも多々あるかと思います。
いつから変更かなどは、改めてお知らせいたしますので、個人的なメールでの
お問い合わせは、申し訳ありませんがお控え下さいませ。




長い文章を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

細かいこと、いつから変更か、などは改めてお知らせいたしますが、ヤマト便の
送料に関しましてはヤマトさんが決めたことですので、申し訳ありませんが、
3月1日より適用させて頂きます。

また来年10%になるのかと思うと、本当に悲しくなります。
プライベートのブログにも書きましたが、やはり自給自足的なたくましい生き方
を、もっともっと一人ひとりが身につけ、それぞれの地域を盛り上げていくよう
な草の根的な運動が、とても必要な時代なのだと思います。

オリンピックでは沢山の勇気をもらいました。
日本人、素晴らしい。大好き!消費税に関しては賛否両論、あえてここでの意見
は控えますが、とにかく自分の事は自分でやろう。人の事も手伝おう。そして、
個々人がきちんとした地に足が着いた生き方をしていけば、、、、

日本も少しは変わるのかな。

かしこ。

自分のフルメンテナンス

先日のフリンジマフラー。Vの字にビーズワークを施し完成。

IMG_4737.jpg


ここ2~3日は仕込み、仕込み、に追われる日々でした。

仕入れと仕込みだけは革を読む経験がないと出来ない一番重要な仕事です。
革を見て触って、どの部分をどの方向で使うか。
これが一番大事です。責任があるので仕込みは首輪一本でも必ず私が自ら
担当します。
どちら側をバックル側にするか。リードもしかり。どちら側を犬側にするか。
とても重要。
だから、特に大型犬の場合は年齢や性別や体重も情報として必要です。
しつけの状態を聞く場合もあります。しつけが第一なので、お断りすることも
あります。「飼い主が散歩をされる道具」ではないからです。
オーダーフォームの「癖」の項目をみて、考えたり、お電話したりすることも
あります。



IMG_4788.jpg

今はハーネスが沢山入っています。左について歩けるか、などによって
金具の位置や向きも変えたりします。

昨日は全国的に大雪だったので、Aさんを皮切りに(!)ここぞとばか
りに、お電話をしてじっくり打ち合わせ。
ただ、「アトリエサーシャですが、」というと、かなりの確率でご家族
の方は取り次いでくれません。「おりません」と言われます。
今時は分けのわからない業者や勧誘などが多いせいでしょうか。だから
大体、ご家族の方がお電話に出るとわんこのお名前をだして、
「○○ちゃんの首輪を作らせて頂いている者ですが、」というと
「あ~~!首輪屋さん!います、います!」と、取り次いで下さいます。
「首輪屋さんでーーす!」
八百屋さんや魚屋さんみたいな、なんだか楽しい響き。

今日の最期の打ち合わせは「お客さま画伯」の書いてくれた絵があまりに
もワケがわからなくて、もう電話で打ち合わせ中に息が止まるかと思うほ
ど、大笑い!めちゃくちゃ楽しい打ち合わせでした。その後改めてメール
で送ってきてくれた絵がまたまたすごくて、、
再度ツボにはまり、一人で笑ってました。いとたのし。

全部違うものを作るのは大変だけど、最高です。
お客さまの頭の中では「すっかり出来上がってるイメージ」を読み取る
わけですから、革を読むよりも一番重要なのかもしれません。
だからHPにでていない定番以外の物は、とにかく時間がかかりますが、
イメージを読むのに時間が必要なのです。

なんだかんだとかなり細かい打ち合わせを長年続けていると、大体が
わかるようになるので、皆さん「丸投げ」になってくるのでしょう。
「ショルダーバッグ、A4が入れば全て、お任せ!!」みたいな。
なんて乱暴で楽しい!もちろんここからが打ち合わせのスタートなので、
一人で頭をかきむしって悩みまくるわけですが、いやはや、そこまでの
道のりで、すっかりお客さまと仲良くなってしまうのです。
ショルダーの長さだって聞かなくてもわかるのですから、、。
そうなると私はかなり本音で「そんなのかっこ悪いからヤダ」とか言っ
たりします。「サーシャのマークを入れないでもいいんなら作ってあげ
てももいいけど」とかも言います。
ひどいですね。でも、楽しいんですよ。

IMG_4790.jpg

今は、お守り毛玉待機中の「可愛い毛」や、遠くに引越しをしてしまう子
の「メンテナンス」や、、、作業台の上はテンコモリです。



実は一度は良くなった「腰」なのですが、2階からの水漏れがあり、
キッチンが水浸しになるという事件が発生して、まだ完全に治っては
いなかったのに、2階に駆け上がってしまい、悪化してしまっていた
私の大事な「腰」
三箇所のトリプルぎっくり腰×2、だったのでした。そしてとどめに
肩の関節がずれてしまい。
もう、ガタガタすぎて、恥ずかしすぎてとてもじゃないけどオンタイム
では言えませんでした(笑)分解掃除したかったくらいです。

力仕事は今はまだきついので、先日は仲間の「先輩職人」のD輔くん
が、ハーレーに乗って颯爽と、カットの手伝いに応援に来てくれました。

IMG_4743.jpg

極厚のヌメ革を扱ったことがないと出来ない仕事なのですが、、、
大先輩、さすがです。見事な包丁さばきで正確に、素早く、さばいてく
れました。助かりました!!これは右手はもちろんの事、革を押さえる
左手と腰にとても力が要ります。

IMG_4746_20140210073502e89.jpg

今の私には無理。

IMG_4754.jpg

カンナがけや磨きもマジュパパ@おぢちゃんが、やはりこれまたすごい
スピードで手伝ってくれています。カンナがけと磨きは一定の構えで
踏ん張って上体だけを動かすので、かなり腰に来ます。
今の私には無理。おぢちゃんはもうかれこれヘルプ歴15年選手です。

IMG_4789.jpg

そして、片腕のリカチは黙々と淡々と、腕を動かし続けます。
極厚の手縫いの仕上げは、仕込みよりカットよりカンナより磨きより、
力が必要。物を持ちあげるような力ではなく、静止する力です。
穴をあけるときも、縫うときも、全身を使う力ではなく、体は動かさず、
真下を向いて同じ姿勢で手だけを使うので、腰はさることながら半端ない
首と腕と足の力が必要です。
これも今の私には無理、、。

本当に頼もしい仲間たち。感謝。

私はその分、仕込みに集中します。染色の仕事も仕込みです。
一気に染め上げるので、息を止めて道具を動かしながらムラを防ぎます。
これが実は結構ドキドキでして、革の部分によって色の入り方が違うので
全て同じ力ではムラになってしまうこともあり、力を加減しながらの作業。
乾いてみないとわからないときもあり。NGになることもしばしばですが
染色はやはり楽しい。

IMG_4196.jpg

年末にはこんなに醜かった私の手も、この一ヶ月楽をさせてもらったおかげ
で、すっかり白魚のような美しい手に戻っています!(ちょっとうそ)



今は消費税引き上げの為に材料費がまたまた上がるので、沢山の事務仕事
やHPの作り直し、書類やタグなども全て作り直すため、お仕事いっぱいですが
おかげでなんだか初心に戻り、色々な人に感謝をしながら焦らずにじっくり
前に進めそうです。
きちんとお伝えしいなくてはいけない事も多々あります。

先ずは年始に「自分という道具」のフルメンテナンスをすることになりましたが
これはこれで大事な時期だったのではと「年齢を自覚」いたしました。
そして、即戦力になってくれた仲間にも本当に感謝。かなり回復に向かっています。
あと6年で私は還暦。
いろいろと考えないといけないなあ。むむむむむ。

かしこ。
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。