スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花ちゃんの首輪。

この17年間で、いったい何本の首輪やリードを作ったかわからない。10000本はとうに超えているが
今思えば、ロットNO.みたいに最初に作ったものからずっとNOを付けておいたら
楽しかったかな。。。なんて思う今日この頃です。

そんな「首輪生活」(なにそれ?)の中で、、、
作るのが怖かった子たちも沢山いる。
犬種で言えば、やはり「ピットブル」「土佐犬」「ブルテリア」「秋田犬」「ロットワイラー」
などなど、、、
ワンコが怖いのではない。
そして、しつけ云々の問題ではない。みんな可愛い子達なんです。
でも、、、なんてったって、「力」が強いのです。
「もう、、何本壊したか~~~~~。助けてください~~~。」

そんななか、今までで一番怖かったのは「奇襲犬」あ、間違えた。
「紀州犬」の花ちゃん。
めちゃくちゃ可愛い顔して、それはそれは、、、おそろしいのだ。
なんせ、、誰にも絶対に心は許さない。力だって半端じゃない。
避妊のときの麻酔は「吹き矢」でかけたそうな。。。。。(ほんとか?)
今の飼い主さんは実は「そんな花ちゃん」を成犬になってから引き取った心のでかい人。
今でも、そのご夫婦以外は、もちろん誰も花ちゃんを触ること出来ない。

そして、、、、もちろん花ちゃんは散歩をする。毎日2回。
だから、、、、首輪とリードが必要。
しかも、うんと丈夫な奴。
彼女が逃げることは許されないんだ。

そのときに作ったのが「先カン式」と言って、伸びがとっても少ないタイプのもの。
IMG_1120.jpg
力学的に言えば、1.5倍の強度があるといわれています。
リードをつなぐDカンの位置が、通常のものとは違うので、バックルに力がかかりません。
ということはホールに与えるダメージも弱い。ということは、伸びにくい。
ということです。


IMG_1117.jpg
そして、もう一つ、並んでいるのは、犬の背中に食い込むようにリードをつける「センターリング」
そう、、猟犬の子達が使います。こういう付け方をすることによって「音がしないから」
なのです。

先カン2
ちなみにこの下の写真、花ちゃん5年使用後。(金具交換、縫い直し、メンテナンス後)
5ミリしか伸びていませんでした。
今10歳だけど、2本目です。

可愛いグッズを作るのも大好きだけど、ちょっと緊張するような「道具」を作るのはなかなか面白い。

首輪やリードは使ってなんぼのもん。
サアシャのものは「がんがん」使ってくださいね。
これからも犬たちの安全重視で、「気愛」をこめて作ります。
スポンサーサイト
PROFILE

サーシャスピリット

Author:サーシャスピリット
自宅で生まれたミニチュアダックスフントの沙紗とともに暮らしながら、日々製作に励んでおります。
製作時間を頂く為にもギャラリー、および採寸のお仕事などはお休み中。ご迷惑をおかけしておりますが、これからもよろしくお願い致します!

犬具のオーダーメード
【革工房アトリエSasha】

〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

NEW ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
RSS
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。