Atelier Sasha

オーダーメイド犬具
〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

革工房アトリエSASHA

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2012  22:41:10

リメイク

とっても長いお付き合いのお客様。
バーニーズのeternoの遺品のリメイクをさせていただきました。
とにかく肌身離さずにいつも身につけておけるもの。
というご注文だけで、あとはすべてお任せしてくださいました。

健吾と杏樹と同じ時期に天使になったeterno。
どうしても、どうしても出来なくて、半年もお待たせしてしまいました。

でも、お届けしたときに、泣きながら「ありがとう」って言ってくださいました。
お互いに何にも話さなくってもわかるよね。

IMG_7650.jpg


とっても長いチョークリードとプレーンリード、そして、ハーフチョーク。
毎日毎日、箱の中を見つめながら、いろんな思いが重なって、出来なくて。
昔からの資料を全部引っ張り出したりしてみて、また、余計に作れなくなって。
毎日、撫で回してて。。。
でもやっと最近、作れました。

eternoはおりこうさんだったので、大きい子なのに9ミリのリードでした。
どれだけ一緒に歩いたんだろう。オレンジだった革は何度もメンテナンスもした
ので、こげ茶みたいになってて、ビーズもうんと味が出て。
厚みがあったので小物(携帯ストラップやバングルや、しおりやキーホルダー)に
するには漉かないと(薄くしないと)できない。その、薄くした残りを「トコ」と
言うのですが、一ミリも捨てたくなかったので、そのトコ革すべてをくるくると
貼り付けながら巻いていって、最後にハーフチョークの太さのある「トコ」で周りを
くるんでいったら、、、なんだか、、変なものが出来ましたよ!

IMG_7653.jpg

お香入れにしようかな。
大好きなムスクのお香を入れてみました。

eteruno 天国で健吾と杏樹と会えたかなあ。。。

ずっとずっと大事に、たくさんたくさん使っていてくれてありがとう。

お母さんずっとあなたが使っていた物、引き継いで肌身離さずにどこにでも連れて
行ってくれるってよ。



話しはそれますが、、とんでもない「トコ」の話です。
革業界で言う「トコ」は工場でまとめて薄くしたりしたときに
出る、裏側の要らないところで、「ただ」なんです。私たちはカバンや財布などを
作るときにダミーを作るために、自分が買う革の「トコ」は、たまにもらいます。
で、試作品を作ってみたりする時に使って、ちゃんと閉まるかどうかとか、ちゃん
と立つかどうかとかやってみるわけです。要は、型紙の次の段階で使うものです。
そして本番に入ると、それは捨てるのですが。

なんと!その「トコ」で、平気でリードや首輪を作って売られているのを見ました。
びっくりしすぎました。全くといっていいほど、強度はありません。手でも千切れま
す。しかもただです。要はごみです。
それを、、、リードや首輪にするなんて!!
ちなみに値段はうちと同じくらいでした。
いくら「革が読めない素人さん」だとしてもひどすぎる。

ちなみに革の表面は「ギン」といいますが、ギン面のついていないリードや首輪は
絶対に買わないように!!きっとその日に千切れます。



でも、、お香入れには出来ましたよ!
eterno 安らかに。ずっと、お母さんを見守っていてください。
スポンサーサイト

 お客様オーダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。