Atelier Sasha

オーダーメイド犬具
〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

革工房アトリエSASHA

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2013  23:50:00

9月はお手入れ月間ですよ。

じめじめの梅雨のあとのべたべたの夏。そして9月は雨量がすごい月。
もし、普段使わない革製品があったらば、絶対にお手入れを!!
下駄箱とか。クローゼットとか。

もう年末が近いから、大掃除の時で、ま、いいか。なんて思ってませんか?
でも、大掃除の時って大忙しでそこまで手が回らなくて、今は使わないし
ま、いいか。なんてなるんですよねー。
秋晴れの日はちょっと早起きして、靴やバッグもちゃんと乾いた布でふいて
あげて、風通しをよくしてあげましょう。
大事すぎてあまり履かない靴やあまり使わないバッグほど、「あああ~~」
という、残念なことになります。私も経験アリ。もったいなすぎて一度も
使わなかったバッグの色が茶色から真緑(カビ)になっていて、倒れそうに
なりました。。。



もちろん革の犬具も!!

メンテナンスも多い時期です。

かなりべたべたの物や、逆に水にぬれたあと放置してしまったようなかさかさ
の物も結構ありますが、カビが生えたものはうちは「出入り禁止」です。
カビはどうしてもいけません。
一度生えたらもうNG。見かけは綺麗にできても、全滅はしません。
他の革製品に移るだけ。
そして、アトリエサーシャは、当然お客さまの革製品だらけなので、申し訳あ
りませんが、お断りしています。

写真 (2)

4~5年たってからのメンテナンスでしたが、大切に使っていてくださった事、
また、フルメンテナンスだったので、とてもいい味がでて、綺麗になりました。
ご満悦の「ロコとミーナ」です!
久しぶりだったけれど、元気にしていてよかった~。
まだまだずっと使えますね~。お写真ありがとう。



そうそう、かなり昔の犬具のメンテナンスをするときに「あ!」と思うのが、SASHA
のマーク。昔は入れてたんです。よく見ると縫い目の下にうっすらと見えます。

IMG_3214.jpg

首輪と違ってリードにかかる力は「グンと引く」力なので、刻印はヒビのようになり、
メンテナンスのときに傷のように表面が、切れていることもあります。
お名前も。実はできれば入れたくない。犬種やしつけの状態、体重などによっては、名前
の刻印はお断りすることもあります。リードを痛めてしまうからです。

首輪にかかる力とは全く違うので、首輪の刻印は大丈夫です。

NOSEBLEEDも新しく製作するリードに関しては「NOSEBLEED」の刻印を
入れない事にしました。

SASHAもNOSEも、相変わらず、少しずつ、すこしずつ、変化(進化)しております
ので、同じものといわれた時には、多少細かいことを打ち合わせのときにお聞きすることが
あると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

メンテナンス用のオイルも「ヌメ革専用のオイル」を販売していますので、是非1本!
月に一度でも軽くオイルで拭いていただくだけでも、寿命が全然違います。
お手入れを、ぜひ、よろしくお願い致します!




スポンサーサイト

 SASHAからのお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。