Atelier Sasha

オーダーメイド犬具
〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

革工房アトリエSASHA

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

27
2009  16:54:59

おさぼり・・・

今年はマメに毎日日記を書こう!なんて、、壮大な目標をたてたのに、、、。

やっぱりはじめからコケマシタ。

もう1月も終わりですね~~。
なんて早いんでしょう。

そういえば、オバマさんのお嬢さんの名前は「サーシャ」ちゃんだそうですね。
サーシャというのは、アメリカでは女の子の名前。ロシアでは男の子の名前が多いんです。

うちのサーシャは私の大好きなデトロイト出身のギタリスト「TED NUGENT」の娘からいただきました。はじめにアトリエの名前に。。。そしてうちで生まれた犬の女の子を残すことになったので、そのまま漢字を当てはめて「沙紗」になったんです。

TED NUGENTが娘の為に作った「SASHA」というバラードがHPのTOPの左上の所をクリックすると聞けるようになっています。
これは自己満足で、あくまで自分のためにくっつけたので、ほとんどの人が知りませんが。。。

ぜひ聴いてみてくださいね。

1月はお待たせしまくっていた「人間様の物」を沢山作りました。

KIF_3224.jpg

KIF_3227.jpg

ノートカバーや、A4ファイルケース、バッグやお財布、、、、、などなど。

ぜーーんぶ手縫いなのでとってもとっても時間がかかります。
手縫いにこだわっている理由は、、、もちろん、丈夫だからです。
ミシンで縫ったものは糸がひとつ切れると、そこから伝染してどんどんほつれていきます。
手縫いというのは二本の針を両手に持って縫っていくのですが、ひとつ糸が切れても簡単には隣の縫い目がほつれないのです。

SASHAの犬具も手縫いで仕上げているのはそういう理由なのです。
ちなみにリードやカラーを縫うときは、本当にものすごい力が必要なんですよ。

今年も「愛と力」をこめて、手縫いにこだわりたいと思います。
そして、もう少しマメに日記を書きたいと思います!!

(ご心配おかけしている犬のサーシャのことは、これからもプライベートのブログに綴っていきます。)



スポンサーサイト

 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。