Atelier Sasha

オーダーメイド犬具
〒187-0003
東京都小平市花小金井南町1-2-4-1A
TEL&FAX 042-384-6151
E_MAIL sasha@sasha-spirit.com

革工房アトリエSASHA

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

07
2009  23:35:08

カビについて。

革製品のカビ。。。。。。。

私にとって、世の中で一番の(!?)敵です。

よく、相談を受けます。

今年は特に梅雨が明けたのに異常な湿気で、、、、。


どうしたらいいでしょうか??

「はっきりいって、ほとんど、もうだめです。」

メンテナンスをして欲しいので、送ってもいいですか?

「はっきりいって、絶対ダメです!!」


どんなメンテもほとんどお受けしますが、申しわけありませんがカビだけはNGです。

何故かというと、うちにはたくさんのお客様の物もあり、アトリエだけでなく、リビングか

ら寝室まで革のロールでいっぱいです。

革のカビというのは、一度生えてしまったら完全になくなることはほとんど無理で、とに

かく移りまくります。食品のカビを思い浮かべてください。あっという間に緑色になって

腐っていってしまいますよね。


それでは、、どうしたらいいか??

生やさないようにする事です。

革だから、高価だから、、といってたまにしか使わないで玄関の湿気の多い所にぶら

下げておく。もってのほかです!高価だからこそ、使ってなんぼのもんです。

どんどん泥だらけにして、また、次の日にも使って。雨でちょっと濡れるくらいなんて

へっちゃらなんです。

使わないでそっとしまっておく。

これが一番大変なことになってしまうんですよーー。

お願いします。がんがん使ってやってください。

特にSASHAの革は本当に使えば使うほどにいい状態になります。

そうでなくてもせっかくオーダーしてくださって、大事に大事にしてくださってお出かけ

だけにとっておいて、しまっているうちに、、、かび~~~!!!

なんて。申し訳なくて心苦しいですよ。


この記事を読んでくださっている皆様。この機会に、SASHAの製品だけではなく、、

家中の革製品、そうそう、、下駄箱の中のブーツやクローゼットの革のコートやスカート。

ぜーーんぶ一緒に干してあげてくださいね。

真水でかたーーく絞った柔らかい布で、よくふいて、、、、。

風通しがいい湿気のないそして日陰で、、しばらく空気に当ててあげましょう。

そして、完全に乾いて息を吹き返したら、たまにはオイルをしっかり入れてあげてくださ

いね。

本当に、この季節は注意です。


そして、、、カビが生えてしまったけれど、どうしてもあきらめきれない。そんなものは。

上記の方法で一生懸命にお手入れをして、絶対に他の革製品とは一緒にしないでおく

ことです。

可哀想ですが、「隔離」です。

くれぐれもビニール袋に入れたりしないでくださいね。




かくいう私も実は梅雨時に乗っていなかったハーレーのシートカバーを、、、

1ヶ月ぶりにめくったら、、、、、、

がーーーーーん!!!!!

自分で作ったサドルバックもサイドバックもツールバックも、、、全てが緑色に、、、、

変身していた経験アリ。

しばらくショックで立ち直れませんでした。

もちろんすぐに廃棄して、そのときに来ていたオーバーオールまで棄てました。



からっと晴れた、その日がチャンス!!

みんなでお手入れしましょう~~~。


スポンサーサイト

 SASHAからのお知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。